スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 私たちにできること *

2011.03.16 02:51|未分類


北関東大震災と名称も改められた大震災。

四日が経過した今でもまだ、
長野などの内陸部へと響きつつ、余震も続いています。
ここ北海道の十勝中部でも、震度4を観測しました。
テレビはついていたのですが、緊急地震速報が出ませんでした。
遠くからゴォオオオという、強い風の音ともつかない音がゆっくりと近づき、
とても、とても長い横揺れが続きました。
物が落ちるということはありませんでしたが、
三陸付近で起こる地震の余震も
ここ十勝で何度も感じることはこれまでありませんでした。
私は1993年に起きた北海道南西沖地震の、奥尻島での津波の被害の光景
今でも強く心に残っているので、津波による被害がとても気がかりでしたが………
各サイトやTwitterでも、被災地や全国からの安否確認や、
それに対応しようと情報を提供する支援者の、地道な取り組みが続けられています。


前記時の " 東北地方太平洋沖地震に関する情報いろいろ " にも記載がありましたが、
改めて、義援金についてまとめてあるサイトと、
放射能から身を守る方法について、ご紹介したいと思います。
また、私が管理人を勤めるコミュニティでも
『※ 自然災害 ※ 私たちにできること』というトピックに掲載していますので、
会員の方は、そちらもご覧ください。



義捐金(義援金)受付をまとめたサイト 《ご参考に。》
                 
東北地方太平洋沖地震の義捐金等受付先まとめ
 life hacker (ライフハッカー)
 ⇨http://www.lifehacker.jp/2011/03/post_1701.html
 こちらも参考になります。(ヒロさんのブログ)
 ⇨http://www.o-hiro.net/blog/2011/03/post_339.html

救援物資について
 宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ。(くまろぐさんのブログ)
 ⇨http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162


備考:
【義援金について】
阪神大震災の経験。(中略)…寄付する時は寄付したお金の行方にも興味を!
http://bit.ly/eBJ205 (Twitterより)

【※「募金しませんか」に注意※】
募金しませんかというのが家に来た。そういうのは然るべき会社を通してやると言ったが粘ってくるので、会社聞いたら答える。だが聞いたことのない会社なので持ってたiPhoneで検索かけるんでといったら逃げた。善意を騙った悪がここにもいるんだな、気をつけましょ。
(Twitterより)サイトにも注意!!

※以上義捐金の情報は、ブログ 二十歳街道まっしぐら から転載させていただきました。
 こちらには東北地方太平洋沖地震に関する情報が詳しくまとめられています。



放射能から身を守る方法
 おそらく日本一放射線について 研修されている古長谷稔さんの著書からの
                抜粋.....ということです。 以下 コピペです。

呼吸の仕方が分かれ道
 外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。 そのため、
 /放射能を吸い込まないように 高性能フィルター防塵マスクを
  つけてください。
 /汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。
 /傷口からも放射能が入るので バンドエードやテープで防いでください。
 /ゴーグルやレインコートがあれば 目や肌も覆ってください。

家には1週間閉じこもるように
 /まず水が一番大切です。家じゅうの容器に水をくんでおいてください。
 /ペットボトルの水も大量に用意すべきです
 /次に、米、麺類です。これらはかさばらず日持ちします。

閉じこもる時の注意点
 /とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください。
 /換気扇は消しても隙間があいているのでシートとテープで
  しっかり隙間を防ぐべきです。
 /窓のサッシの隙間もテープとシートでふせいでください。

雨が降ったら絶対にふれてはいけません。
 /放射能を含む雨はもっとも危険です。
 /事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません。

                        以上です。  拡散希望☆
…ということです。
以上はフラット♭かこさんのブログから転載させていただきました。
また、こちら↓にも詳しい放射能対策が掲載されています。ぜひご覧ください。


OLIVE(被災地での生活を助けるデザインやアイデアを集めるデータベースwiki)
放射能対策https://sites.google.com/site/olivesoce/houshanou-taisaku


日、福島では原発から半径20キロ以内の住民への避難指示に加え、
新たに20~30キロの住民の屋内退避が呼びかけられました。
政府はパニックに陥らないよう意識した声明をしていますが、
過信せず、避難や対策を行うべきです。

放射能は特に、粘膜からの浸入や長時間触れ続けることが危険の様です。
最悪の事態にはならないよう祈っていますが、目に見えず、物質を通り抜ける力を
持っている放射線ですので、余りある対策をして過剰ということはありません。
これまでの世界中の原発事故でも、研究者でさえその本当の危険性を知らず、
事実を民間人には隠され続けてきました。
この対策がどれだけの効果があるものかも疑問ですが、しておいて損はないと思います。
災害対策は、自分の危機管理意識が第一です。

チェルノブイリの事故では、地球の自転と大気循環により、
放射能の塵が地球の上空を何週も飛びつづけたといいます。
あれほどの事故ではないにしても、放射能を軽視するべきではありません。
今回の周辺に漏れている放射線量は、
医療や旅行時(飛行機)に浴びる放射線の量の何百分の一と言っていますが、
微量でも、暮らしている私たちが浴び続ける時間は、その比ではありません。
その地で生活する者にとっては、終日、何週間も、何か月も、何年も…なのです。
私は北海道ですが、外出時や、雨や雪と地面には特に気を付けたいと思います。


原発の事故により避難生活を強いられている方々についても、
充分な支援や補償を、忘れないようにしなければならないと思います。
不安な日々を過ごされている方々に、一刻も早く安らかな日常が戻りますよう、
被害がこれ以上甚大にならないよう、祈っています。


       ・     ・     ・


私はこのブログで、環境問題や地球温暖化について
みなさんと一緒に考えたいと思い書いていましたが、
原子力発電についての記事もあり、ずっと書きかけたままになっています。

地球温暖化の影響で、発電時のCO2排出量が極めて少ないとされる
原子力発電が見直されてしまったことに、私はとても危機感を覚えていました。
震災などの自然の力を、軽視しすぎていると思ったからです。
          …つづきは次回の記事に改めて載せたいと思っていますが
           お読み下さる場合は最下部にある つづき… をクリックして下さい。


                          futaba*yotsuba

追記:ネットで行われている支援について
避難所から寄せられた避難者の名簿写真やメッセージの写メから、
文字をデータに起こす作業を多くの人達でしています。そのデータは
Googleの人探しサイトPerson Finder (消息情報): 2011 日本地震
に反映されるので、上記サイトにて名前を入力していただくことで、
確認済みの方の名前があるかどうか、どの避難所に居るか探すことが出来ます。
写真を直接ご覧になりたい方は goo.gl/ganbare へ。
かなりのデータ量、かなりの人数ですので、避難所が大体分かっていない限り、
全部の名前から見て探すことは、不可能に近いです。
同姓同名や、画像から読み取れない文字もありますので、
確認できない方もいらっしゃるかもしれません。
どうか、お探しの大切な人の名前がありますように。
また、ツイッターでもしきりに安否を尋ねるツイートが発信されています。
Twitterのハッシュタグ「#anpi」でつぶやかれた被災者の安否情報をリスト化する
活動がされていて「anpiレポート」サイトが登場しています。http://bit.ly/ib8JJe
被災地では携帯電話の電池残量も限られますので、
電力制限のない地域の方で、ネット環境に支障がない方は、
人探しに協力されてもいいかもしれません。

 
そらく、近年起きている原発建設ラッシュを、
私たちは止めることが出来なかったでしょう。
原爆を経験している日本でも、原発事故を経験している世界でも、
原発反対運動は今までに何度も起されていたのに、
つい最近まで原発は加設しないと誓った国々でさえ、信念を折ってしまった。


一番の問題は、人々が原発に反発しつつも、
電気消費量を抑えるどころか、便利な電化生活に頼り切っていることです。



大規模な発電所を建設することは、一見すると効率的ですが、
効率的に大量生産することや、管理しやすいことを優先するのは、
もう終わりにするべきです。
発電所は、小規模で、各地に拡散しているほうが、
故障時のリスクも、災害時のリスクも、環境へのリスクも、少なくできます。


これは、企業の規模についても同じことがいえます。
ひとつの会社が倒産することで、失業者が一度に多数発生するリスクを、
大企業は常に抱えています。


自然社会そのものが、多様性を持つことで強く生命力を支えている。
そのことを、全ての分野で発揮できるようになれば、と願っています。


自然エネルギーでの発電で、電気を自給自足できることが理想ですが、
第一には、何もかもを湯水のように使うことを、私たちが見直すべきです
ほとんどの人が、原発の事故を誰のせいにもできないでしょう。


書きかけていた原子力発電の危惧についての記事は、
実をいうと毎年、原爆の日に向けて準備しているのですが掲載叶わず…
書き上げしだいアップしたいと思っています。


関連記事

テーマ:災害情報
ジャンル:地域情報

コメント

私の病気への配慮、本当にありがとうございます。

ただ、この度はコミュのためすこし厳しいコメント致しました
御理解いたたければと期待しております。

ありがとうございます!

いろいろご助言、コメント本当に感謝します。(仕事中にどこで打ってるんでしょうね(^^ゞ

コミュの件もあるんで、こちらに返信しました。

昨日の記事については、失礼いたしました。流れ上書いてしまったのですが、コミュの方も見られているんですよね。

トピックの内容については、また腰を据えて検討しましょう。 総会の説明も一部修正しておきます。

ただ、この度の「麻美」さんのように、外から来られた方が、どこに相談事をコメントすればよいか、まだよく分からないようですね。
「不安・悩み…」のトピック名を変えるか、概要で説明するか、どう思われます?
futab*yotubaさんは、コミュになくてはならない存在。今後も私にはビシバシご指導よろしくお願いいたします m(__)m

ところで、アライグマは御存知の通り、外来種。
所謂、絶滅危惧種ではありません。

ほぼ全国に土着化してしまいましたが、ミシシッピアカミミガメやカダヤシのように国産種を駆逐してしまう畏れはない。

かと言って作物等への被害も、一部地域では深刻化しています。

人と動物の共生って、本当に難しい問題ですね

先程は仕事中で、言い落としました。
新たにコミュに参加された方には、ご挨拶とコメントのお願いを送信していますが、どうも、どこにコメントしついいか分からず二の足を踏まれている方もいるようです。

挨拶時にすべて説明するのは困難ですので、「コミュからのお知らせ」に明記しておいた方がいいでしょうか?

Usshy2世さんへのお返事は、
Usshy2世さんのブログとコミュニティの方に
書かせていただいきました*


 
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
みなさんから頂いたコメント

プロフィール

futaba*yotsuba

Author:futaba*yotsuba
    (ふたば・よつば)
*Hokkaido*
*Favorite things*
 :ねこ と チョコ
 :音楽・D I Y・絵
 :二胡の演奏

地球『森』と『身』体、自然界の
しくみと『心』、目に見えるもの
見えないもの。それらがどんな風
に繋がりあってこの世界をつくっ
ているんだろう。…地球上の一粒
のちっぽけな塵(=私*)の思案を
綴ります。

*詳しくはカテゴリから
 futaba*yotsuba~紹介
 をご覧下さい。

  もしも記事に共感されましたら、
  "拍手"をクリックして頂けると
  嬉しいです。書くための、
  エネルギーになります(u u)。。。

『森・身・心・深 …』は、 

ランキングを重視していませんが、素敵なブログさんとの出逢いを楽しみに参加させて頂いてます♪

 人気ブログランキングへ
  ブログん家

◆◇お知らせ&つぶやき◇◆

2013/10/6:
暫く管理が出来ず失礼しています。。 . その間、このブログにお越しくださると不審なページへ飛んでしまうことがあったと思います。申し訳ありません。震災義援金のブログパーツの組織が中国の会社に譲渡されたとかそういうことがあったらしく、ご迷惑をおかけしました。。リンクが切れたり、使っていたテンプレートデザインが使用不可になっていて構成がめちゃめちゃになっていた時も...´д` ;
今後もどのような頻度で書くことができるか分かりませんが、なるべく気負わず呟きのようなことも書くかもしれません。戴いたコメントに対してお返事出来るかはわかりませんが、ご理解いただいた上で書いて下さるならとても光栄です。一方通行になるのが好きではないので、コメント欄は閉めないでおきますね。 見守って下さる方々に心から感謝します。


2011/3/21:
いただいたコメントにお返事できない状態が大変長く続いてしまい、失礼をお許し下さい。 .無理のない範囲で ブログをつづけたいと思いますが、お付き合いがこまめにできない面がありますので、気長にご覧いただけると幸いです。
 鬱の症状はお蔭さまで随分良くなり、現在は気分変調性障害がありますが、穏やかな日々を過ごせています。お付き合い頂いている方々、見に来て頂いている方々には、お詫びとともに心からお礼申し上げます。


2009/11/1(日):おしらせ。
いつもありがとうございます☆ 今まで、お一人お一人お一人にコ メントのお返事をしていましたが、 体調のことを考え、なるべく無理 なくお返事ができたらと思い、 みなさまへのお返事を、いちどに あわせて書かせて頂くことも多く なると思います。何分不器用な著 者ですが、これからもどうぞよろ しくお願い致しますm(u u)m。
 
  

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

キーワードから記事を探す

『futaba*yotsuba-について』
 『想い・気持ち・感謝・葛藤。』
 『うつの話』
 『ゆるねこ。』
 『節水・節電』
 『戦争』
 『ダンボールコンポスト』
 『その他』
 『リンクのご紹介』
 『政治と環境問題』
 『資源・エネルギー』
 『心理と環境』
 

*リンク* おすすめブログ

《 エコ&ロハスなブログ 》
 
エコびより
守ろう!自然環境、
   女性のからだ、未来の子ども。

 
《 山暮らし・自然暮らし 》
 
写真家こけちゃんの想い
         ・・・美瑛発

『 桃林窯 器こぼれ話 』
農場日誌 -ひろういの農に生き
       音楽を作る日々-

 
《 心・体・スピリチュアル 》
 
身体数寄
これからの幸せって?
     生まれたての女神たちへ!

♡ 桃子のつぶやき… ♡
       

* サイト・ホームページ *

⇨このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

  ハチドリの森バナー
   

 おすすめ&気になっている本

表紙を眺めているだけでも素敵。

 ー わたしのお気に入り。ー

  持っている作品を一部ご紹介。  本とCDです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。