スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゾシカとエゾカンゾウ

2010.07.07 14:30|地球と人と《生態系》
ずいぶんとご無沙汰してしまいました…!!
お久しぶりのご挨拶も早々に、近日の気になったニュースから。



『霧多布湿原の花 エゾシカの食害か 調査へ』
   7月5日 NHKニュースより 湿原の花に食害 エゾシカか (クリックでニュースHPへ)



ゾカンゾウは、オレンジ色をしているユリのような花です。
北海道には所々に広い湿原があり、原生花園として保護されています。
大体は初夏の7月頃が最も多くの種類の花を楽しめる季節でもあり、
色とりどりの珍しい花たちが人々の目を楽しませてくれます。


『霧多布湿原は観光を代表する花の湿原だから、それが人を呼ぶ魅力』とのこと。
でも、観光として大事にしたい気持ちはわかりますが、どうか、嘆かないで!!


人は、観光をしなくても生きられるけれど、
野生のシカは、野生の草花を食べなくては生きては行けません。


もともとエゾシカが大好きな食べ物かもしれないし、
そうでなければ、他に食べるものが少ないから花を食べたのかも。
そうだとしたら、これは"エゾシカによる被害"ではなくて、
"人による被害"だし、被害者はむしろエゾシカのほう。


その花は、人のものではないし、
エゾシカの食料になるべきものなら、むしろエゾシカのもの。



ムサール条約で生態が保護されている湿地。
その生態の中に、野生動物であるシカが入ってはいけないの?

そこにいても少しもおかしくない野生のシカを排除して、
そこが野生の花園だなんて、それが"保護"なんて、
ひとは一体、何から湿原を保護しているつもりなのでしょう。



花が見られなければ、"花を食べている鹿"を見ればいい。
鹿に"食い千切られた後の花"をありのままに見ればいい。



自然の花は、見られるために生きてるのではなく
自然の役割として与えられる全てのことを
全ての生き物と共に分かち合って、それで"生"が成り立っている。
そうして分かち合ってこそ、
そこに生き
輝きを放ち
だからこそ、人が見て、『美しい』と、思う。



シカの食糧を奪っているのは人間。
シカの食糧が足りなくなるのは、人間がシカを食べなくなったから。


湿地の生態系を護ろうと云うのなら、
人間も、与えられた全ての役割を
全ての生き物たちと分かち合ってほしい。



                          futaba*yotsuba


追記:
==================================
NHKニュースより
湿原の花に食害 エゾシカか

7月5日 12時15分
世界的に貴重な湿地とされる北海道東部の「霧多布湿原」で、湿原を代表する花「エゾカンゾウ」が食い荒らされる被害が相次ぎ、地元の浜中町ではエゾシカに食べられた疑いがあるとみて調査することにしています。
およそ3000ヘクタールの「霧多布湿原」は、北海道東部の浜中町にあり、世界的に貴重な湿地の保護を定めたラムサール条約に登録されています。毎年、夏になるとオレンジ色の「エゾカンゾウ」が咲きそろい観光客などの人気を集めていますが、ことしは先月から花が食い荒らされる被害が相次いでいることがわかりました。住民からは「エゾシカが花を食べていた」という情報が寄せられているため、町ではシカによる被害の疑いがあるとみて、湿原に監視カメラを設置するなどして詳しい調査を始めることになりました。浜中町まちづくり課の越田正昭主幹は「エゾカンゾウは霧多布湿原を代表する花だ。生態系や景観を守るためにも対策を進めたい」と話しています。

==================================

同じ事実を語るにも伝え方次第で全く変わってしまう。
まず、『食害』の『害』は何の害か。
観光だけのために、それを『害』と呼んでいいのか。
『エゾシカ、エゾカンゾウをたくさん食べてハッピー!』とかは?(笑)
シカからしてみれば理不尽極まりない話でしょうね。
食い『荒らされる』というのも、、、
野生のものが野生のもののためにあることを、人間が邪魔しているだけにしか見えない。
"観光のための湿原"自体が"野生の美しさを讃えるため"に保護されている場所なだけに、
このニュースの語り口は、
残念で、悲しくて、ならないのです。


このニュースの後、
7月6日のクローズアップ現代『映画"ザ・コーヴ"問われる"表現"』を見て、
さらに残念…な私の次回の記事は、
今映画で話題となっている"イルカ漁"と、世界で議論されている"鯨漁"のお話にしたいと
思います。
関連記事

テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

おひさしぶりです♪こんにちは。

「鹿による食害」というのは人が言っていることですもんね。
花だって、葉だって茎だって、鹿の栄養になれば、役割を果たすんですもんね。

今わたしが注文している宅配やさんでは、エゾシカの肉も取り扱っています。
食べたことはないんですが。。。
動物も植物も、命を頂戴したのなら、全て、心や身体の栄養にしていかなくては、感謝のことばも薄っぺらだな…と思います。。。

ごめんなさい。間違って古い記事にコメントしてしまいました^^;
そっちは削除してください、すみません。。

そして、お久しぶりです♪ 復活待ってました☆

エゾシカのニュースは最近良く耳にするようになりましたね。
人間が家畜を守るために、エゾシカの天敵である
オオカミを絶滅させてしまったことが原因なので、
やっぱり私たちは身勝手だと言わざるを得ないですよね。

でも実際に作物などが被害にあっている方々のことを
思うと、やっぱり胸が痛むし、難しい問題だなと感じます。

一度生態系を壊すと、それを元に戻すことはできない、
このことを忘れないようにしたいですね。

お久しぶりですね!!
お元気そうで、良かったです~^^*
とてもすばらしい記事ですね・・・
本当にそのとおりです!人間の傲慢さはそれがまるであたりまえのように
語られてしまいますね・・・
ありのままに見ればいい・・・本当にそう!!
人間中心に書かれたことに、疑問を持つことさえできなくなっていますね
本当の共存を考えなければね・・・
futaba*yotsubaさんの書いた記事が新聞などに載ってくれるといいですね
素敵なお仕事です!

みなさん、本当にありがとうございます(*´艸`*) 。。。
長い間お留守にしていましたが、時々訪れて下さって応援して下さったり、
様子を見にきて下さっているのを見ると、
「はやく、書きたいな。。」「もっと書きたいな。。。」という想いが、
頭の中、心の中をぐるぐるしていました。
なかなか、まだまだ自身を思うように操縦できませんが、(> <)´´
たとえ僅かずつでも、自分なりの言葉を紡いでいきたいという思いでいます。
みなさんのブログにもなかなか訪問できなくてごめんなさい。
自分にもっとパワーがあったら、『全部読みたい!!』という欲張りな私ですが、、、
ブレーキ、ブレーキ。少しずつ頑張りますね☆
わたしも、みなさんのこと応援しています!!感謝です*:..。o○☆


ゆかりさんへ。

ゆかりさんの方は調子どうですか?
鹿肉、オススメですよ☆
私の実家がお世話になっている車の整備屋さんが鹿の猟をする人で、
猟が解禁になるといつも分けてくれます。
実家では私が料理をしていたので、その頃は色んな料理をしていました。
脂の多い良い部位は、焼肉やステーキ。
スネや筋の多い場所はシチュー。
モモなどの赤みばかりの部位はローストビーフのように(ローストヴェニスンvenison?)。
好きな人は刺身で食べるみたいですが、おすすめなのは『しゃぶしゃぶ』です♪
塊の肉を冷凍しておいて、冷蔵庫か電子レンジで半解凍し、
包丁で切れるか削れるくらいの硬さになったら、薄く削るように切っていきます。
あとは、普通にしゃぶしゃぶするだけ。
北海道のお土産やご当地グルメなどで、鹿肉を料理したものなどは色々とありますが、
味付けしたものよりも、シンプルで鹿肉の味がわかる一番の料理法だと私は思ってます。
ちょっと贅沢感もあって◎。もし、良い塊肉が手に入ったらやってみて下さいね。
感謝しながら、私も頂きたいと思います☆


ぽてとまとさんへ。

復活!となるか…!?という感じですが(汗)。。ありがとうございますm(u u)m
                    (まだちょっと頼りない感じです…笑。)
そうなんですよね。北海道にも昔、オオカミがいたんですってね!
今では、話題の旭山動物園(旭川)や円山動物園(札幌)でも、エゾシカとオオカミの生態展示をしていますよね。家畜を守るためにオオカミを、今度は農作物を守るためにシカを"駆除"すると言う。
主人の農場でも、以前は鹿を見るにも畑に1頭、2頭。とたまに現れる程度でしたが、
最近では5~6頭の集団で畑でごろごろしているとか!?
確かにオオカミはいなくなりましたが、今はその分(というかそれ以上に)北海道には人間が多く生息していますので、昔からそうしてきたように、人間が鹿を食べればいいって私は思うんです。アイヌもそうですし、日本人も"もみじ"と言って鹿を食べてきましたものね☆
昔から、人間も、鹿の天敵だったはずです。
かわいい、かわいい、シカさんです。
感謝して畏敬の念をもちながら私たちのいのちを支えてもらいましょう。
駆除して直接土に還す・・・という強引なやり方でなく、命と命を繋げる自然な流れにすることで、世界の負担はとても減ると思います。
生態系は、壊れたように見えても、戻る間もなく、補ってゆく。。。
だから、自然は強いんですよね!(*´∀`*)g゛
自然から学ぶことはまだまだたくさんありそうです☆


tatsumyさんへ。

いつもありがとうございます・:*:・(*´ー`*)>゛
NHKのニュースはわりと、片側の視点に寄らないので良い方だと思うんですが、
このニュースは人間の視点からの、いつもはない『事件!』として伝えられていますね。
これからきちんと調査をして、科学者や研究者の視点が入ってくると、また違った表現で伝えられると思います。
それでも、"景観"という見た目だけの自然ではなく、
根底で繋がっている"環"としての自然を、
もう少し大切に人々に伝えてほしいなぁって、思ったニュースでした。
北海道ではエゾシカが増えすぎてきていることはまぎれもありませんが、
やっぱり鹿の食糧不足が原因なんでしょうか・・・?実際のところを知りたいですね。
いち早く、エゾシカ側の視点からの調査報告をして、伝えてもらいたいと思います。


                           futaba*yotsuba

鹿にとっては、オオカミに食べられるのも人間に食べられるのも結局同じことなのではないかと思うので、どんどん鹿たべれるようになればいいな! と思います。
シカ、確実に急増してます。冬が昔はマイナス24度が普通だったのに、最近はマイナス18度行くか行かないか・・・、で、小鹿が生き残る確率が急増したのもあるそうで、
・・・昔は鹿の実物なんて見たことなかったのに、今はそのへんしょっちゅう走り回ってるし、弟も車ぶつけて壊すし、運が悪かったら車大破するほどなので、危ないです。(なんで田舎道で車もしょっちゅう走ってるわけでないのになんであちこちでよくぶつかるんだか不思議ですが・・・増えすぎた自覚で自殺でしょうか(自然現象))

道内のどっかでは、鹿が食い尽くして森が消滅したりとかあるそうだし、鹿に森を食い尽くされないように、オオカミのかわりに鹿を責任もって食べなきゃいけないと思います。

シカはリンゴとよく合います!超おいしいです。
なんも、アメリカから大量のトウモロコシやらなんやら燃料ガンガンたいて輸入して悪玉コレステロールごってりの霜降り肉作って食べなくても、自然の恵みのシカ肉があんなにあちこちそのへん走ってるのに・・・切ないです。

ただ、鹿射ちは命がけの仕事なので、やってくれる人が足らないみたいですよね、温暖化で熊さんも冬眠しづらいので、・・・デカい鹿撃ったところで、すぐ逆さにして血を抜かなければ食べれないし、まるごと運べなきゃ解体しなきゃだし、すごい力持ちで体力ないとできないうえに、・・・鹿の血のおいしそうな匂いがしてきたら、熊さんだってじっとしてはいられないので、去年鹿射ちしてて熊にやられた人いましたね。一昨年は誤射で撃たれて死んだ人が何人かいたような・・・。

道で鹿射ちから食品製造販売までやる会社を立ち上げて北海道のブランド品作るのが一番だと思います。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みなさんから頂いたコメント

プロフィール

futaba*yotsuba

Author:futaba*yotsuba
    (ふたば・よつば)
*Hokkaido*
*Favorite things*
 :ねこ と チョコ
 :音楽・D I Y・絵
 :二胡の演奏

地球『森』と『身』体、自然界の
しくみと『心』、目に見えるもの
見えないもの。それらがどんな風
に繋がりあってこの世界をつくっ
ているんだろう。…地球上の一粒
のちっぽけな塵(=私*)の思案を
綴ります。

*詳しくはカテゴリから
 futaba*yotsuba~紹介
 をご覧下さい。

  もしも記事に共感されましたら、
  "拍手"をクリックして頂けると
  嬉しいです。書くための、
  エネルギーになります(u u)。。。

『森・身・心・深 …』は、 

ランキングを重視していませんが、素敵なブログさんとの出逢いを楽しみに参加させて頂いてます♪

 人気ブログランキングへ
  ブログん家

◆◇お知らせ&つぶやき◇◆

2013/10/6:
暫く管理が出来ず失礼しています。。 . その間、このブログにお越しくださると不審なページへ飛んでしまうことがあったと思います。申し訳ありません。震災義援金のブログパーツの組織が中国の会社に譲渡されたとかそういうことがあったらしく、ご迷惑をおかけしました。。リンクが切れたり、使っていたテンプレートデザインが使用不可になっていて構成がめちゃめちゃになっていた時も...´д` ;
今後もどのような頻度で書くことができるか分かりませんが、なるべく気負わず呟きのようなことも書くかもしれません。戴いたコメントに対してお返事出来るかはわかりませんが、ご理解いただいた上で書いて下さるならとても光栄です。一方通行になるのが好きではないので、コメント欄は閉めないでおきますね。 見守って下さる方々に心から感謝します。


2011/3/21:
いただいたコメントにお返事できない状態が大変長く続いてしまい、失礼をお許し下さい。 .無理のない範囲で ブログをつづけたいと思いますが、お付き合いがこまめにできない面がありますので、気長にご覧いただけると幸いです。
 鬱の症状はお蔭さまで随分良くなり、現在は気分変調性障害がありますが、穏やかな日々を過ごせています。お付き合い頂いている方々、見に来て頂いている方々には、お詫びとともに心からお礼申し上げます。


2009/11/1(日):おしらせ。
いつもありがとうございます☆ 今まで、お一人お一人お一人にコ メントのお返事をしていましたが、 体調のことを考え、なるべく無理 なくお返事ができたらと思い、 みなさまへのお返事を、いちどに あわせて書かせて頂くことも多く なると思います。何分不器用な著 者ですが、これからもどうぞよろ しくお願い致しますm(u u)m。
 
  

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

キーワードから記事を探す

『futaba*yotsuba-について』
 『想い・気持ち・感謝・葛藤。』
 『うつの話』
 『ゆるねこ。』
 『節水・節電』
 『戦争』
 『ダンボールコンポスト』
 『その他』
 『リンクのご紹介』
 『政治と環境問題』
 『資源・エネルギー』
 『心理と環境』
 

*リンク* おすすめブログ

《 エコ&ロハスなブログ 》
 
エコびより
守ろう!自然環境、
   女性のからだ、未来の子ども。

 
《 山暮らし・自然暮らし 》
 
写真家こけちゃんの想い
         ・・・美瑛発

『 桃林窯 器こぼれ話 』
農場日誌 -ひろういの農に生き
       音楽を作る日々-

 
《 心・体・スピリチュアル 》
 
身体数寄
これからの幸せって?
     生まれたての女神たちへ!

♡ 桃子のつぶやき… ♡
       

* サイト・ホームページ *

⇨このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

  ハチドリの森バナー
   

 おすすめ&気になっている本

表紙を眺めているだけでも素敵。

 ー わたしのお気に入り。ー

  持っている作品を一部ご紹介。  本とCDです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。