--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.27 21:31|地球と人と《エコ声echo》
≪エコ声echo≫ vol.4
ダンボール・コンポスト … つづき


 コツポイント


【ダンボールは、
 ・できれば厚手のものを使う。なければ、二重に。
 ・中に、底面の大きさに切ったダンボールを敷く
  (これは厚手でなくて大丈夫。隙間から土が出るのを防ぎます。)
 ・ダンボールを床に直接置くと、くっついて大変なことになるので、
  木片や堅いネットを使って底面を浮かせ、通気性を良くすること。
   それくらいでしょうか・・・。

 《ダブル構造のダンボールが最適。みかん箱は大抵このタイプ。》
  ダンボール.01 写真は上から、
           ダブル構造のもの、普通のもの、薄手のもの。

【フタをしたい場合、
 ・ダンボールで作る方法と、Tシャツでつくる方法などがあります。
  ダンボールでは、うちではムレてあまり良くありませんでした。
  他に、着古したTシャツなどを、袖の穴と首の穴を縫って閉じ、
  袋状にしてかぶせる方法を紹介していましたよ。

【通年の注意
 ・大きな骨(鶏のドラムや豚のスペアリブなど)、貝類は入れない。
  肉の小骨や魚の骨、エビの殻は小さくすれば平気。蟹の殻など、
  大きくて硬いものは残りますが、形が少々残るのを気にしなければ、
  大丈夫。それが失敗の原因にはなりません。一度に大量はNG。
 ・魚の頭や内蔵などは、生で入れると臭います!
  火を通して少量ずつなら大丈夫。
 ・卵の殻やタマネギの皮が良くないと書いてあるレシピ(?)もありますが、
  うちは入れていて問題ないです。卵はスコップで簡単に小さく割れるし、
  タマネギも大量でなければ。

【夏の注意
 ・夏のご馳走、スイカの皮メロンの皮は…実はクセモノ!!
  (少量なら細かく切って入れる)中の柔らかい所はできるだけ削いで
  コンポストに入れ、堅い部分は入れないなど。スイカ等がよくないのは、
  大抵、一回に出る皮の量が多いので、処理しきれないから。
 ・夏ミカンなどの厚い皮も入れない。中身の薄い袋は多分大丈夫。
 ・ブドウのつる、とうもろこしの皮や芯、たけのこの皮など、
  水分が少なくてカサカサしているものは、ポリ袋に入れたりして
  密閉しないかぎり、水分が出て臭くなってきたりしないですよね?
  そういうものは分解しにくいので、よく乾かして燃やせるゴミか、
  屋外用コンポストへ。

【冬の注意
 ・冬といえば、みかん!!皮はなるべく入れない。
  みかんを食べ出すとついつい沢山皮が出るけど、
  冬は乾燥していて放っておくとカラカラになるので、
  そうなってから燃えるゴミに出すといいです。
  その前にお風呂に入れるのもいいですね☆

【ポイント
 ・いまいち上手く分解しないな~と思うときに入れると良いものは、
  『油』です。
  使用済み油を容器に取っておいて、少量混ぜると良いです。
  うちでは、散々使った天ぷら油を凝固剤で固めて、
  (凝固剤、使わない方がいいのかなぁ?)
  タッパーに保存しながら使っています。
  あんまり入れ過ぎるのも良くないようですが、
  まだそれで失敗したことはないです。
  そういえば、油は入れすぎると臭いかもしれません。
  でもその内おさまります。
 ・良くない状態は、ベタベタになること。
  そうならないよう、空気がたくさん入るように、底の方から混ぜる。
  微生物も空気が少ないと酸欠で活動できないので、ふかふかになるように
  適度に混ぜることと、水っぽいものを入れすぎないこと。

【コツ?
  ここまで色々書きましたが、、、
 ・マニュアル通りでなく、何でも『少し入れてみる!!』
 ・粉末状にすれば(細かく砕けば)、基本的に何でもOK!!です。
 ・生臭くなっても、数日我慢すればおさまるので、
  微生物を応援しながら待ちましょう!!

 また、 
 ・始めてすぐは、微生物が働くのに1週間くらいかかるそうです。
 ・"10℃以下になると分解しなくなる"と、書いてあるものもありますが、
  就寝時や外出時など、一定時間室温が低いのは大丈夫。
  微生物も休んでいるだけです。温かくなれば、また活動を始めるので、
  栄養と日中の人の生活室温があれば、少しずつ分解してくれます。
  寒さが気になったら、廃油などを入れ、ホッカホカの状態になったら、
  熱が逃げないように、混ぜ過ぎないようにしてフタをする。と、
  寒くてもしばらくの間活動できるでしょう。

【交換時期は?
 ・大体3ヶ月が目安のようですが、うちはもっと使っている気がします。
  (大人2人の生活なので。)食品の賞味期限と同じです☆
  自分の五感を使って!
  土がゴロゴロしてきて、生ゴミの分解が悪くなってきたら交換時
  だと思います。

 うちでは、外にも簡易コンポストがあるので、ダンボールコンポストの
 処理能力を超える生ゴミは、そちらに持って行きます。
 また、温度計も使っていません。
 いつもホカホカというわけではありませんが、大丈夫みたいです。
 微生物の好物を入れて、うまく混ざっていると、いつのまにか
 良い感じにホカホカになっていたりします。
                    ▽うちの、外のコンポスト▽
         外コンポスト

【堆肥として使う
 一番簡単な説明では、
 ・ダンボール箱から出して同量の土と混ぜて約一ヶ月寝かすと
  堆肥の出来上がり。

 ※堆肥としての使い方は、
  紹介されている方法がいくつかあり、どの方法も少しずつ違います。
  私もよく判らないので、方法別に3つご紹介しますね。
  生ごみの質や量、容器内の手入れ、土や天候の状況で異なるようですが…

方法1 : 生ごみの投入をやめ、2週間から1ヶ月、3日おき位にかき混ぜ、
    水を与えても温度が上がらなくなったら完成。
    (プランター栽培の場合、堆肥1に対して土3~4の割合で使う。)

方法2 : 生ごみの投入をやめ、ときどきかくはんし、1ヶ月以上ねかせる。
    堆肥として使用する場合には、一度中身を1~2ヶ月ほど土に埋めて
    熟成させ(堆肥の色が黒くなり、いやなニオイがしなくなる)てから
    使用する。

方法3 : 生ゴミの投入をやめ、1~2週間ときどきかき混ぜる。
    その後、土と混ぜ、さらに1~2ヶ月置く。
    (半年くらい寝かせるのがベスト)

 ・・・だそうです。

 いかかでしたか?「うちはそうならない。」とか、
 「ここの地域ではこうしている。」「こうしたら良かった。」など、
 やっている方の意見や、疑問なども、ありましたらコメント下さいね

                       futaba*yotsuba
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

タグ:『ダンボールコンポスト』

2009.07.23 01:15|地球と人と《エコ声echo》
 このブログに拍手をしてくださると、
コメントを書く欄が出てくることを最近はじめて知りました。。。
ブログ初心者なワタシ。
拍手コメントにコメントを書いてくださっていた方、ありがとうございます。
見れていなくてごめんなさいm(u u)m。

拍手コメントは見にくいので、できれば、各記事の下部にある
COMMENT:…(数字)のところに
コメントを書いて下さるとうれしいです。
数字部分をクリックすると、コメントを書き込む欄が表示されます。
よろしくお願いします☆

ブログについてのアドバイスなどあったら、お願いしますね!

それにしても、コメントって嬉しいものですね!
ガゼン励みになります☆ダンボールコンポストについてのコメントを
2つ頂いているので、頑張って書きますね。



≪エコ声echo≫ vol.3
ダンボール・コンポスト


 "始めて9年近く"と書きましたが、もうそんなになるかしら?
生ゴミを溜めておいてゴミに出すにしても、小さな生ゴミ虫(俗称)の発生を抑えるのは難しいですし、ニオイも気になりますよね。ゴミを出すときに出るあのグッチョリした臭い汁!!
 生ゴミバケツを触るのも洗うのも何だか嫌なものです。
それを考えたら、小さな虫が多少いるとしても、
臭いの少ないダンボールコンポストは、気持ちが良いです。

ダンボールコンポスト.05 手前のはシャベル☆☆☆
    ※上はゴムベラの持手。このゴムべらで、フライパンや皿に残った
                ソースや油などを、洗う前にココへ。

 処理能力が落ちると、定期的にダンボールも中身もそっくり新しく交換しますが、もう最近は中身の分量も適当で、でもそれなりに管理できているので、ずぼらな私(管理は主に主人ですが)にはありがたい装置です。
主人も正確には分量など覚えていないので、本当に目分量!!

 新しく始めたい方が参考にできるよう、作り方を紹介しているページを探したら、結構ありました。詳しく知りたい方はそちらを参考にしてくださいね。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からも、色々な自治体や
NPOのダンボールコンポスト紹介ページを見ることができます。
その中でわかりやすく紹介していたのは次の団体さんです。(脚注の項目から)
  *くらし_ごみとリサイクル_ダンボールコンポストの作り方 - (帯広市)
  *段ボールコンポスト - (八戸市)
  *ダンボールコンポスト - (福岡県筑後市)
  *函館市 ダンボールコンポストについて - (函館市)
  *ダンボールコンポストで堆肥を作ろう - (北見市環境会議)
  *大牟田市/段ボールコンポストの作り方やコツ - (大牟田市)
    (クリックでこちらからすぐ紹介ページを見せてもらえるように
     したいと思いましたが、ブログ初心者の私には簡単でなく断念。
     勉強して、そのうち再度トライしようと思います。 )

簡単に言うと材料と分量は、
「ピートモス」:「もみがらくん炭」
   3   :   2
        だけ。
4:3で紹介している所もありますので、大体で大丈夫☆
例えば目安として、1日に生ごみを500g入れる場合、
ピートモス15リットル、もみがらくん炭10リットル。

 あと、うちはフタは面倒でしていません。
ゴミを入れる時も外したり被せたリが面倒ですが、
なんとなくムレてしまう気がするのと、
虫はどうしても開けている間に入ってしまうからです。
虫が入ったままフタをしてしまうと、
逆に中で繁殖しないかという気がして、オープンにしています。
そのかわり、気軽に混ぜて、空気をたくさん含ませたり、
生ゴミをよく土(基材)で覆うようにします。

ダンボールコンポスト.02ダンボールコンポスト.04
 しばらくは、左の写真のように、キャスター付きの鉢置きの上に置いていましたが、最近、右の写真のように改良しました。
やはり、底部の接地面積が大きいとダンボールの底がふやけてきて弱くなるので、物置にあった網を取り付けました。100円ショップでも何サイズが売られてますよね。

   *   *   *   *   *   *   *

 一部の紹介方法では夏場は屋外で管理すると書いてありますが、
うちは通年家の中です。本州など高温多湿になる地域や季節には、
家の中で管理するのは難しいのかもしれませんね。
 も、うちは部屋の気温が5℃以下になる日もありますが、今のところ処理できています。私の家は通気性が良い家ですが、気密性の高い家ではニオイや虫はどうでしょう?潔癖な方にはあまり向かない!?かもしれません。


            でも、電気式の生ゴミ処理機は清潔そうですが、
                  処理場での不完全燃焼などで出る
           ダイオキシン等の有毒ガスが減らせるとしても、
       ゴミ処理場で使われるエネルギー分、家で電気を使うので、
                  あまり良いものと思わない私です。

           庭があれば屋外用のコンポストも良いですよね。
            でも寒冷地の冬場の処理能力はどうでしょう?
                 生ごみが凍ったりしそうだけれど…。

        また、ポリ容器にEM菌(醗酵促進剤=米ヌカやモミガラ、
      油カスや魚粉などにEM活性液を混ぜ醗酵させたもの)などを
          入れて生ゴミを処理するバケツも売られていますが、
          うまく出来るか心配なまま専用のバケツを買うのも
                        勇気がいりますよね。
 

 その点、ダンボールコンポストは、、、
冬に寒くて雪深い外まで生ゴミを出しに行かなくてもいいし、
失敗しても、ダンボールはたためてゴミにも出しやすく、庭かベランダが
あれば使い損なったピートモスもくん炭も、ガーデニングに使えるので、
物を無駄にするリスクは低いのかな。と思います。
材料が単純で、身近にあるものでできること。大ざっぱでも何とかなる(?)こと。など、、、色々な生ゴミ削減法の中でも
最もシンプルで実行しやすいかなと思います。

いずれにせよ、その人その人に合った方法が見つかるといいですよね*
ずいぶん長くなってしまったので、
次回はダンボールコンポストのポイントについて、
わたし達が気をつけていることなどを書きたいと思います。

                       futaba*yotsuba

テーマ:エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

タグ:『ダンボールコンポスト』

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
みなさんから頂いたコメント

プロフィール

futaba*yotsuba

Author:futaba*yotsuba
    (ふたば・よつば)
*Hokkaido*
*Favorite things*
 :ねこ と チョコ
 :音楽・D I Y・絵
 :二胡の演奏

地球『森』と『身』体、自然界の
しくみと『心』、目に見えるもの
見えないもの。それらがどんな風
に繋がりあってこの世界をつくっ
ているんだろう。…地球上の一粒
のちっぽけな塵(=私*)の思案を
綴ります。

*詳しくはカテゴリから
 futaba*yotsuba~紹介
 をご覧下さい。

  もしも記事に共感されましたら、
  "拍手"をクリックして頂けると
  嬉しいです。書くための、
  エネルギーになります(u u)。。。

『森・身・心・深 …』は、 

ランキングを重視していませんが、素敵なブログさんとの出逢いを楽しみに参加させて頂いてます♪

 人気ブログランキングへ
  ブログん家

◆◇お知らせ&つぶやき◇◆

2013/10/6:
暫く管理が出来ず失礼しています。。 . その間、このブログにお越しくださると不審なページへ飛んでしまうことがあったと思います。申し訳ありません。震災義援金のブログパーツの組織が中国の会社に譲渡されたとかそういうことがあったらしく、ご迷惑をおかけしました。。リンクが切れたり、使っていたテンプレートデザインが使用不可になっていて構成がめちゃめちゃになっていた時も...´д` ;
今後もどのような頻度で書くことができるか分かりませんが、なるべく気負わず呟きのようなことも書くかもしれません。戴いたコメントに対してお返事出来るかはわかりませんが、ご理解いただいた上で書いて下さるならとても光栄です。一方通行になるのが好きではないので、コメント欄は閉めないでおきますね。 見守って下さる方々に心から感謝します。


2011/3/21:
いただいたコメントにお返事できない状態が大変長く続いてしまい、失礼をお許し下さい。 .無理のない範囲で ブログをつづけたいと思いますが、お付き合いがこまめにできない面がありますので、気長にご覧いただけると幸いです。
 鬱の症状はお蔭さまで随分良くなり、現在は気分変調性障害がありますが、穏やかな日々を過ごせています。お付き合い頂いている方々、見に来て頂いている方々には、お詫びとともに心からお礼申し上げます。


2009/11/1(日):おしらせ。
いつもありがとうございます☆ 今まで、お一人お一人お一人にコ メントのお返事をしていましたが、 体調のことを考え、なるべく無理 なくお返事ができたらと思い、 みなさまへのお返事を、いちどに あわせて書かせて頂くことも多く なると思います。何分不器用な著 者ですが、これからもどうぞよろ しくお願い致しますm(u u)m。
 
  

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

キーワードから記事を探す

『futaba*yotsuba-について』
 『想い・気持ち・感謝・葛藤。』
 『うつの話』
 『ゆるねこ。』
 『節水・節電』
 『戦争』
 『ダンボールコンポスト』
 『その他』
 『リンクのご紹介』
 『政治と環境問題』
 『資源・エネルギー』
 『心理と環境』
 

*リンク* おすすめブログ

《 エコ&ロハスなブログ 》
 
エコびより
守ろう!自然環境、
   女性のからだ、未来の子ども。

 
《 山暮らし・自然暮らし 》
 
写真家こけちゃんの想い
         ・・・美瑛発

『 桃林窯 器こぼれ話 』
農場日誌 -ひろういの農に生き
       音楽を作る日々-

 
《 心・体・スピリチュアル 》
 
身体数寄
これからの幸せって?
     生まれたての女神たちへ!

♡ 桃子のつぶやき… ♡
       

* サイト・ホームページ *

⇨このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

  ハチドリの森バナー
   

 おすすめ&気になっている本

表紙を眺めているだけでも素敵。

 ー わたしのお気に入り。ー

  持っている作品を一部ご紹介。  本とCDです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。